大阪学院大学 生涯学習・地域連携

地域連携ニュース詳細

.

~社会連携ボランティア~ なにわの伝統野菜「吹田くわい」の保護および普及活動 協力学生募集

2019年11月07日更新

 社会連携室では、なにわの伝統野菜である吹田くわい(標準和名:スイタグワイ)の保護および普及活動に協力する学生ボランティアを募集します。以下の内容を参照のうえ、参加希望の学生は、11月12日(火)までに社会連携室(croffice@ogu.ac.jp)へご連絡ください。
 吹田の歴史ある農産物を通じて、地域の人々と関わることは、皆さんにとって貴重な経験となります。奮ってご参加ください。

【吹田くわい収穫作業】
 春の苗植付け作業に引き続き、吹田くわい栽培農家の平野農園(大阪府吹田市、平野紘一吹田市農業振興研究協議会会長)にて、本学学生が第12回吹田くわい祭りで販売する吹田くわいの収穫作業を行います。

1.日時 2019年11月17日(日)8:30~14:30
2.場所 平野農園〔大阪府吹田市江坂町3-48〕
3.備考 小雨決行。汚れてもよい服装(靴は長靴が望ましい)で、タオルを持参し参加してください。

【昨年の様子】

昨年の吹田くわい収穫作業の様子

【第12回吹田くわい祭り】
 本学学生の主催で「第12回吹田くわい祭り」を開催します。
 この祭りは、2014年から本学学生が中心となって企画・開催しており、吹田くわい料理の販売や吹田産有機野菜の朝市をはじめ、平野農園園主の平野紘一氏と語り師の花むらてん氏によるトークショー、本学吹奏楽部による公演などを行います。

1.日時 2019年12月1日(日)8:00~17:00
2.会場 大阪学院大学17号館時計塔前
住 所:大阪府吹田市岸部南2丁目36番1号
3.主催 大阪学院大学学生有志
4.共催 平野農園ほか

【昨年の様子】

昨年の吹田くわい収穫作業の様子
● なにわ伝統野菜「吹田くわい」とは 
吹田くわい写真 くわいはその見た目から「芽が出る」縁起の良い食物とされ、中でも吹田くわいは、明治初頭まで京都御所に献上されていた吹田が誇る伝統的な農産物の1つです。吹田市のマスコットキャラクター「すいたん」のモチーフとしても有名ですが、近年は地域の方々による栽培などによってかろうじて守られていました。
本学では吹田くわい生産農家の平野農園、吹田くわい保存会、そして吹田市役所と協力し、春の吹田くわい苗植え付け作業や吹田まつりでの吹田くわい献上行列、冬の吹田くわい収穫作業や吹田くわい祭りの開催など、様々な形で生産・保存活動を行ってきました。また、平成28年からは学内で吹田くわいの栽培を開始し、学生たちが自ら生育過程の記録・観察などを行い、日常的に地域の伝統的な農産物の成長を見守ることで、植物および吹田という土地の歴史を学習しています。
.
お問い合わせ先
大阪学院大学 大阪学院大学短期大学部 社会連携室
TEL:06-6381-8434(代表)
E-mail : croffice@ogu.ac.jp
.
このページの先頭へ
.