大阪学院大学 ニュース
  1. 大阪学院大学ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ニュース詳細
.

平成24年度 大阪中学生サマー・セミナー開催報告

2012年08月27日更新

 大阪府下の中学生を対象に、「平成24年大阪中学生サマー・セミナー」が開催されました。
 本学は「親子で作ろうプロのレシピ ホテルde食育」「自分だけの絵本を作ってプレゼン(発表)しよう!」「コンピュータサイエンス・アンプラグド―コンピュータのしくみ探検隊―」の3講座を開講しました。参加した中学生たちは、これらの体験を通じて将来の夢や希望をふくらませることができたようです。

 経営学部の森重 喜三雄教授が担当した「親子で作ろうプロのレシピ ホテルde食育」の講座は、毎年好評で応募者も多く、シーサイドホテル舞子ビラ神戸を会場に、本年度はⅠ部・Ⅱ部制の2回開催しました〔平成24年8月9日(木)〕。親子ペアで参加した中学生たちは、シェフスタイルに着替えて、松村総料理長より食育と食の安全についての講義を受けました。その後、会場に特設された食材マーケットから栄養バランスのとれた食材を選び、神戸ビーフを使った3種のプロのレシピに親子でチャレンジしました。実習中はホテルで働くプロのシェフたちの食材の特長を最大限に生かす調理の知恵と技を学び、チャレンジメニューを完成させました。試食時には、接客・宴会の支配人からの食事マナー講座もありました。最後には松村総料理長より講座の「食育修了認定書」が一人ひとりに手渡されました。

セミナーの様子 セミナーの様子 セミナーの様子

 短期大学経営実務科の廣藤 千代子教授が担当した「自分だけの絵本を作ってプレゼン(発表)しよう!」は、〔平成24年8月1日(水)、3日(金)の2日間〕ゲストスピーカーとして、財団法人大阪国際児童文学館の主任専門員 土居 安子先生をお招きしました。絵本のストーリー作りのコツや、ストーリーを効果的に演出する絵コンテの方法、絵本の読み方など、絵本創作にチャレンジしました。2日目のプレゼンテーションでは、参加者全員が自作の個性あふれる絵本を情緒豊かに披露し合い、コミュニケーション能力も養いました。参加した中学生からは、「絵本の作り方や話の工夫などを詳しく教えていただき、色々なことが分かったり、貴重な体験ができました。」「物語作りの参考になりました。同じ夢を持つ人に会えて楽しかったです。」との感想が聞かれました。

セミナーの様子 セミナーの様子 セミナーの様子

 情報学部の西田 知博准教授が担当した「コンピュータサイエンス・アンプラグド―コンピュータのしくみ探検隊―」の講座は、ワークやゲームを通じて二進数、アルゴリズム、コンピュータ言語などが分かりやすく解説され、中学生たちは真剣に取り組みました〔平成24年7月30日(月)、31日(火)の2日間〕。最初は初対面同士で静かだった教室も、時間が経つにつれて徐々に仲良くなり、元気な声が飛び交うようになりました。インターネットや情報伝達に不可欠な情報科学の基礎を学び、参加した中学生からは、「ゲームを通じて学べたので、とても分かりやすい講座でした。」「これまで知らなかったインターネットの仕組みがよく分かりました」との感想が聞かれました。

セミナーの様子 セミナーの様子 セミナーの様子

本学は今後も、将来につながるチャレンジ精神や、考える力を伸ばす体験型学習プログラムをサマー・セミナーに提供したいと考えています。

.
このページの先頭へ
.