大阪学院大学 ニュース
  1. 大阪学院大学ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > ニュース詳細
.

絶滅の危機から救われた「吹田くわい」を今年も収穫~販売

2019年11月11日更新

 絶滅の危機から救われた「吹田くわい」を今年も収穫~販売します。
 その見た目から「芽が出る」縁起の良い食物とされ、おせち料理には欠かせない「くわい」。
 中でも吹田くわいは、明治初頭まで京都御所に献上され、吹田市のマスコットキャラクター「すいたん」のモチーフとしても有名です。
 一時は宅地開発の影響などで数が激減し、絶滅が危惧されましたが、近年は地域のみなさまによって、かろうじて守られていました。
 本学では吹田くわい生産農家の平野農園、吹田くわい保存会、吹田市役所と協力し、春の苗植え付け作業や吹田まつりでの献上行列、収穫作業など様々な形で生産・保護活動を行っています。
 今年も酷暑や台風を乗り越えて無事に収穫の時期を迎え、本学の学生や留学生たちが収穫作業を行います。
 収穫されたくわいは、本学の学生が中心となって開催する「第12回吹田くわい祭り」で、販売します。
 毎年100個程度を用意しますが、1時間足らずで完売してしまいます。
 祭りでは、学内でも栽培している吹田くわいや吹田産有機野菜の朝市、吹田くわい料理の販売をはじめ、吹奏楽部による公演なども行います。

詳細は、以下のリンクをクリックしてご覧ください。
絶滅の危機から救われた「吹田くわい」を今年も収穫~販売

日本植物分類学会第11回大会が本学で開催された際には、「吹田くわい(標準和名:スイタグワイ)」がシンボルマークとして描かれました。

シンボルマーク

お問い合わせ先
大阪学院大学 広報課 担当:衣斐 佐藤
〒564-8511 吹田市岸部南二丁目36番1号
TEL.06-6381-8434(代表) FAX.06-6382-4363
E-mail:kouhou@ogu.ac.jp
.
このページの先頭へ
.