谷口幸男教授 退職記念講義/
テーマ「ヴァイキングの足跡をたずねて」

  今年度をもって退職される 谷口幸男 国際学部教授の退職記念講義を、同教授の担当科目である「ゼミナール」の最終講義日に実施しました。当日は学生や教職員を含め多数の参加がありました。

  講義は「バイキングの足跡をたずねて」と題して行われ、ドイツ、デンマーク、ノルウェー、スウェーデン、アイスランド、イングランド、グリーンランド、アイルランド、オークニー、シェットランド、北米ヴィンランド、ウクライナおよびトルコと広範囲にわたる国々におけるバイキングの足跡を、自ら赴き、撮られた貴重な写真を使って、活躍の現場などを紹介していただきました。バイキングの残酷な海賊というイメージではなく、東欧における商業活動、傭兵としての活躍や殖民活動についても触れられ、興味深い講義がおこなわれました。

日 時 平成17年1月21日(金)  14:30〜16:00
場 所 15号館B1-01会議室
講 師 谷口幸男 教授(国際学部)
テーマ 「ヴァイキングの足跡をたずねて」
対 象 本学学生・教職員・一般
写真:谷口幸男 教授

写真:講義の様子 写真:講義の様子 写真:講義の様子

研究業績・所属学会

著 書 『エッダとサガ』〔昭和51年新潮社〕

『ヨーロッパの森から』(共著)〔昭和56年 日本放送出版協会〕

『仮面と祝祭』(共著)〔昭和57年 三省堂〕

『図説 ドイツ民俗学小辞典』(共著)〔昭和60年 同学社〕

『ヴァイキングの世界』(共著)〔昭和61年 新潮社〕

『ゲルマンの民俗』〔昭和62年 渓水社〕 他
論 文 「ゴート語における格の用法」〔昭和37年『研究』第26号〕

「ルーネ文字研究序説」〔昭和46年『広島大学文学部紀要』第30巻特輯号1〕

「エッダ神話に現れたオーディン像」〔昭和49年 岩波書店『思想』第6号〕

「ゲルマン文献学の生成」〔昭和60年 岩波書店『現代に生きるグリム』〕 他
所属学会 日本独文学会

日本ゲーテ協会(昭和61年3月まで)

広島日独協会〔理事:昭和39年7月〜現在〕

広島独文学会〔会長:昭和55年12月〜昭和61年3月〕

日本アイスランド研究会〔会長:昭和56年5月〜昭和61年3月〕


【問い合わせ】
大阪学院大学 教務課
〒564-8511 大阪府吹田市岸部南二丁目36番1号
TEL (06)6381-8434(代表)
E-mail : kyomu@uta.osaka-gu.ac.jp


Close