Osaka Gakuin University
大阪学院大学・大阪学院大学短期大学部 l 大学院 l 法科大学院 l 通信教育部

冬の感染症対策

   厚生労働省は11月25日、インフルエンザが全国流行期に入ったと発表しました。各地でノロウイルスの集団発生もしています。

   ウイルスは低温、乾燥を好むものが多いため、冬場は活動が活発になります。又、寒さで体温が下がると免疫力が低下し、病気を発症しやすくなるのです。

予防・対策を十分して、この冬を元気に乗り切りましょう!

  1. 免疫力を高めよう
    @バランスのとれた食事(野菜、みかん等、ビタミンC、D、B群の摂取)
    A質の良い睡眠(眠る直前まで、テレビ、PC、スマホを見ない)
    Bムリのない適度な運動(有酸素運動の継続)
  2. 正しい手洗い(爪、指の間までしっかりこすり洗い)
  3. うがい、または水分摂取(20分毎に、日本茶、紅茶を一口飲む)
  4. 正しいマスクの装着や咳エチケットを守る
  5. 適度な湿度を保つ(50〜60%)

【厚生労働省公式ポスター】
インフルエンザマメなマナーを!
http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou01/dl/poster28.pdf

Copyright (C) OSAKA GAKUIN UNIVERSITY / OSAKA GAKUIN JUNIOR COLLEGE