ラジオCM制作プロジェクト「産学連携PBL」
2018年度後期 マスメディア論A 編
【担当教員】
経営学部 後藤登 教授
2019.03.28 更新

ラジオCM制作プロジェクト「産学連携PBL」

   本学学生がPBLおよびアクティブ・ラーニングの一環で、大学のラジオCMを作成しました。本学は2016年4月から、本学在学時に結成しプロ活動を続けるアカペラヴォーカルグループ「clearance」がメインパーソナリティーを務めるラジオ番組のスポンサーとなり、大学のCMを放送しています。

   本学広報部がこのCM制作の課題を提示し、PBLおよびアクティブ・ラーニングの一環として、「マスメディア論A」の受講生がラジオCMのシナリオ作成に取り組みました。「マスメディア論A」は、マスメディアの取材・編集・報道の仕組みと広告の社会的役割、課題を考える授業です。様々な業界・企業や個人などのメディア戦略、コミュニケーション活動を考えていくために、身近な事例を通して、その社会的役割と課題をメディア論の視点から検討します。その授業の一部として、「OGUラジオCM制作プロジェクト」の一環である「OGUラジオCMシナリオコンテスト」を実施しました。
   後藤登教授とアカペラヴォーカルグループ「clearance」、大学広報部は提出されたシナリオを審査し、優秀な作品の発表や作品についての意見交換を授業の中で行い、特に優秀であった作品の表彰も行われました。
   なお、入賞した13作品については、本学独立クラブの放送局が中心となりラジオCMに仕上げてくれました。

ラジオCM制作プロジェクト「産学連携PBL」