ラジオCM制作プロジェクト「産学連携PBL」
2019年後期 マスメディア論A 編
【担当教員】
経営学部 後藤登 教授
2020.03.16 更新

ラジオCM制作プロジェクト「産学連携PBL」

   本学学生がPBLおよびアクティブ・ラーニングの一環で、大学のラジオCMを作成しました。本学は2016年4月から、本学在学時に結成しプロ活動を続けるアカペラヴォーカルグループ「clearance」がメインパーソナリティーを務めるラジオ番組のスポンサーとなり、大学のCMを放送しています。

   本学広報課がこのCM制作の課題を提示し、PBLおよびアクティブ・ラーニングの一環として、「マスメディア論A」の受講生がラジオCMのシナリオ作成に取り組みました。「マスメディア論A」は、マスメディアの取材・編集・報道の仕組みと広告の社会的役割、課題を考える授業です。様々な業界・企業や個人などのメディア戦略、コミュニケーション活動を考えていくために、身近な事例を通して、その社会的役割と課題をメディア論の視点から検討します。その授業の一部として、「OGUラジオCM制作プロジェクト」の一環である「OGUラジオCMシナリオコンテスト」を実施しました。
   後藤登教授とアカペラヴォーカルグループ「clearance」、広報課は提出されたシナリオ75作品を審査し、優秀な作品の発表や作品についての意見交換を授業の中で行い、特に優秀であった作品の表彰を行ないました。
   なお、入賞した9作品のうち、金賞、銀賞、銅賞の上位3作品については、本学独立クラブの放送局が中心となりラジオCMに仕上げてくれました。制作した3作品は、「clearance」がメインパーソナリティーを務めるFM OH!「大阪学院大学presents clearanceのラジOH!アカデミア」のラジオ番組にて披露しました。

ラジオCM制作プロジェクト「産学連携PBL」

   銀賞、銅賞を受賞した2名の学生がFM OH!のラジアカに出演。

ラジオCM制作プロジェクト「産学連携PBL」

金賞・銀賞・銅賞の3作品のシナリオをラジオCMに仕上げてくれた放送局の部員代表2名もFM OH!のラジアカに出演。

「コロナ禍がもたらすビジネスモデルを考える」、「コロナ禍における有効な支援策」
ラジオCM制作プロジェクト「産学連携PBL」
商店街魅力発掘プロジェクト
商店街魅力発掘プロジェクト
短期大学部PBL演習
2019年度後期 経営学部ホスピタリティ経営学科 後藤ゼミナールⅠB ×CET秋学期クラス編
2019年度 吹田市との官学連携PBL「すいすいくん賞」「NATS賞」の紹介
「外食産業の地位向上と今後も社会に貢献し、進化、発展し続けるために取り組むべきこと」「日本の税制・税金は公平だと思いますか?」
「社会人と健康経営」「地域活性化に繋がるデザインリノベーション」
「神戸ハーバーランドのPR策・来街促進案」・「どうしたらテレビ業界は立ち直れるか? 再び、皆に見てもらいたい」
「私立大学情報環境白書」に「吹田市との官学連携PBL、産学連携PBL」が掲載
ラジオCM制作プロジェクト「産学連携PBL」
商店街魅力発掘プロジェクト
広報誌「ロルロージュ」制作プロジェクト
日本の労働生産性が低い理由を探る!「産学連携PBL」
私の働き方改革「産学連携PBL」
ラジオCM制作プロジェクト「産学連携PBL」
吹田市との「官学連携PBL」
OGU紹介動画制作プロジェクト
CDプロモーションプロジェクト
短期大学部PBL演習
ラジオCM制作プロジェクト「産学連携PBL」
短期大学部PBL演習
吹田市との「官学連携PBL」
ラジオCMプロジェクト 「産学連携PBL」
多様な課題の解決にトライ「産学連携PBL」
短期大学部PBL演習
ラジオCMプロジェクト「産学連携PBL」
吹田市との「官学連携PBL」
ラジオCMプロジェクト「産学連携PBL」
ラジオCMプロジェクト「産学連携PBL」
平成27年度 FSD 講演会