設立目的と活動内容

企業経営に携わる卒業生として、会員相互の交流を通じ、在学生のキャリア形成支援、地域社会への貢献活動を実践。

「大阪学院フェニックス倶楽部」は、企業経営に携わる大阪学院大学卒業生を主な会員として、平成21年7月に設立されました。 倶楽部の設立以降、「企業経営に携わる卒業生等、広く一般社会に貢献する者の交流の場を創出し、会員相互の交流を通じ、 会員個々の事業の発展、そして大阪学院大学の発展に寄与する」という目的のもと、次の活動を実践しています。

1.
学生のキャリア形成支援
授業でのキャリア指導、インターンシップの受入、就職斡旋など、学生のキャリア教育及び起業家育成の支援を行う。
2.
会員相互の異業種交流会
ビジネススクール(講演会)・懇親会など、年齢や業種を超えて事業の活性化を図る場としての情報交換を行う。
3.
社会的貢献
地域社会に対する活動を通じ、大阪学院大学の名声を高め、社会的貢献を行う。

なお、大阪学院フェニックス倶楽部では、一般の方もご参加いただける特別講演会、ビジネススクール、勉強会を定期的に開催し、 広く実学を学ぶ場を提供しています。
また、講演会等への講師の派遣依頼も承っておりますので、事務局までお問い合わせください。

.