CLOSE
大阪学院大学 大学院
日本学生支援機構
この制度は、独立行政法人 日本学生支援機構法にもとづき政府拠出資金と奨学生からの返還金で運営されています。その目的は、優秀な学生で経済的理由のため就学困難な者に学資を貸与し、教育の機会均等を図るものです。
(1) 募集時期
定期採用…4月(原則として、1年次生を対象)
詳細については、オリエンテーションで説明します。またそれ以外に募集があれば、その都度掲示にて連絡します。
緊急採用[第一種奨学金]・応急採用[第ニ種奨学金]
…過去おおむね1年以内に家計支持者(本人。配偶者があるときは本人及びその配偶者)等の失職・破産・事故・病気もしくは死亡等または火災・風水害等の災害等による家計急変のため、緊急に奨学金の貸与の必要が生じた場合、随時大学院事務室で出願を受け付けます。
(2) 提出書類
*スカラネット入力下書き用紙
*確認書兼個人信用情報の取扱いに関する同意書
*収入に関する証明書類
*最終成績証明書
*その他必要と認める証明書類および書類等
(3) 奨学金の種類と貸与金額
第一種奨学金:無利子
修士課程 50,000円・88,000円から選択
博士課程 80,000円・122,000円から選択
第ニ種奨学金:年3%を上限とした有利子
50,000円・80,000円・100,000円・130,000円・150,000円から選択
(4) その他
人物・健康・学力・家計が選考の基準となっています。
在学届
入学前に在学していた学校において日本学生支援機構の奨学生であった人は、「在学届」を提出すれば大学院在学中は返還が猶予されます。在学届(返還の手引に綴じ込み)を平成29年4月末日までに大学院事務室へ提出してください。
特に優れた業績をあげた大学院生を対象とした貸与期間終了時の返還免除制度について
大学院において第一種奨学金の貸与を受けた学生であって、在学中に特に優れた業績をあげた者として日本学生支援機構(以下、「機構」という。)が認定した場合には、貸与期間終了時に奨学金の全額または一部の返還が免除される制度です。
学問分野での顕著な成果や発明・発見のほか、専攻分野に関する文化・芸術・スポーツにおけるめざましい活躍、ボランティア等での顕著な社会貢献を含め評価されます。
機構による免除者の認定は、本学が推薦した学生(以下、「返還免除候補者」という。)について、その専攻分野に関する論文その他文部科学省令で定める業績を総合的に評価することにより行われます。
本学では、返還免除候補者の選考にあたり、以下のとおり基準を設けています。この基準に定める要件の内、原則として3項目以上に該当し、かつ指導教員の推薦がある者について学内で選考を行い、機構に推薦します。
詳細は、大学院事務室まで問い合わせてください。
独立行政法人日本学生支援機構奨学金返還免除候補者選考基準
以下の要件の内、該当する項目がより多い者を優先的に選考する。
No. 要 件 活動等の別* 奨学規程第47条第2項に定める業績の種類
学内 学外
1 学位論文その他の研究論文(以下「論文」という。)が、特に優秀であると当該研究科により認められる。   学位論文その他の研究論文
2 論文が、国内外の主要な学術雑誌に掲載される。  
3 論文に関連した研究内容を国内外の主要な学会において発表し、高い評価を受ける。  
4 論文について、国内外の主要な学術団体により表彰される。  
5 課題研究が、特に優秀であると当該研究科により認められる。   大学院設置基準第16条第2項に定める特定の課題についての研究の成果
6 専攻分野に関連した著書、データベースその他の著作物(論文ならびに課題研究を除く)が、社会的に高い評価を受ける。   著書、データベースその他の著作物(前二号に掲げるものを除く。)
7 特許・実用新案等(以下「特許等」という。)が優れた発明・発見として高い評価を受ける。   発明
8 特許等が本学のシステム等として実用化される。  
9 課程修了時における全科目の成績評価が「優」である。   授業科目の成績
10 本学において、研究または教育(以下「研究等」という。)に係る補助業務に従事し、特に優れた業績を挙げたと当該研究科により認められる。   研究又は教育に係る補助業務の実績
11 学外において、研究等に係る補助業務に従事し、特に優れた業績を挙げたと当該研究科により認められる。  
12 専攻分野に関連した国内外における音楽、演劇、美術その他芸術の発表会等で高い評価を受ける。   音楽、演劇、美術その他芸術の発表会における成績
13 専攻分野に関連した国内外におけるスポーツの主要な競技会等で優れた結果を収める。   スポーツの競技会における成績
14 本学において、専攻分野に関連した組織的なボランティア活動等(以下「専攻分野ボランティア等」という。)に従事し、その実績が当該研究科により高い評価を受ける。   ボランティア活動その他の社会貢献活動の実績
15 学外において、専攻分野ボランティア等に従事し、その実績が当該研究科により高い評価を受ける。  

*学内:奨学規程第47条第2項に定める「大学院における教育研究活動等に関する業績」

 学外:同「専攻分野に関連した学外における教育研究活動等に関する業績」



PAGE TOP
Copyright (C) OSAKA GAKUIN UNIVERSITY. All Rights Reserved.