大阪学院大学 大学院
CLOSE
シンボルマーク(フェニックス)
本学開設当初以来、旧キャンパスは 初代白井種雄総長が立案され、その要所には フェニックス(やし科の多年生植物)に『大学発展の願い』を託し、数多く植樹された。
その初代総長の遺志を継承し、本学のシンボルマークの選定は現白井善康総長が昭和55年に起案され、彫刻家・川合敏久氏(現、日本美術家連盟・日本美術会会員等)によって、3年の歳月を経て製作されたものである。
構図は「フェニックス」(Phoenix)を不死永生の象徴(不死鳥)とし、本学が建学の精神に基づいて“永遠に繁栄(飛翔)する”ことを意味している。
さらに、「Logos and Pathos」(理性と情熱)は、大学教育の理想として現白井総長の願いが込められている。
シンボルマーク シンボルマーク


PAGE TOP
Copyright (C) OSAKA GAKUIN UNIVERSITY. All Rights Reserved.