大阪学院大学 大学院
CLOSE
大学院他研究科進学
大学院では、商学研究科(商学専攻)・経済学研究科(経済学専攻)・国際学研究科(国際学専攻)・法学研究科(企業・自治体法務専攻)およびコンピュータサイエンス研究科(コンピュータサイエンス専攻)の5研究科を設置し、次のとおり目的を持って研究を進めています。
〔修士課程の目的〕
修士課程は、広い視野に立って精深な学識を授け、専攻分野における研究能力又はこれに加えて高度の専門性が求められる職業を担うための卓越した能力を培うことを目的とする。
〔博士課程の目的〕
博士課程は、専攻分野について、研究者として自立して研究活動を行い、又はその他の高度に専門的な業務に従事するに必要な高度の研究能力及びその基礎となる学識を養うことを目的とする。
なお、各研究科の課程に進学するには、大学院が実施する次の入学試験に合格しなければなりません。
1. 入学試験
課程 研究科 募集
人員
試験実施の有無
春季A日程 春季B日程 春季C日程
一般
選抜
社会人
特別
選抜
外国人
留学生
一般
選抜
社会人
特別
選抜
外国人
留学生
一般
選抜
社会人
特別
選抜
修士 商 学 30名
経済学 30名
国際学 10名
法 学 30名
コンピュータ
サイエンス
10名      
博士 商 学 20名          
経済学 20名          
国際学 3名          
法 学 3名      
※「募集人員」は学内推薦・春季を合計した人員を示す。
(1) 修士課程 一般選抜
@ 出願資格
(ア) 大学を卒業した者、または2020年3月卒業見込みの者
(イ) 外国において、学校教育における16年の課程を修了した者
(ウ) その他本大学院において、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者
以上のいずれかに該当する者。
A 試験科目
研究科 科 目
商 学 論文(会計学・商学・経営学・英語から志望する専修科目に応じた1科目を含む2科目選択)、面接試験
経済学 論文@専修志望科目、A英語、口述試験
国際学 @専攻志望科目の論文、A英語、面接試験
法 学 論文(憲法・民法・刑法・商法・租税法・英語から1科目選択)、口述試験
コンピュータ
サイエンス
@コンピュータアーキテクチャ、Aプログラミング、面接試験
(2) 修士課程 社会人特別選抜
@ 出願資格(商学・経済学・国際学・法学研究科)
一般選抜の出願資格(ア)(イ)のいずれかに該当し、かつ出願時までに2年以上の社会人経験(企業や官公庁等での勤務または自営)を有する者。
A 試験科目
研究科 科 目
商 学 小論文(専修志望科目の論文)、面接試験
経済学 小論文(文章作成能力を主に問う)、口述試験
国際学 小論文、面接試験
法 学 小論文、口述試験
(3) 修士課程 外国人留学生入学試験
@ 出願資格
外国人で、次のいずれかに該当し、入学に際して「出入国管理および難民認定法」に定める「留学」の在留資格を取得または更新できる者。
(ア) 外国において、通常課程による16年の学校教育を修了または修了見込みであること。
(イ) 日本において、外国人留学生として大学を卒業または卒業見込みであること。
(注) 大学院の授業は原則として日本語で行われますので、留学生には大学院の授業を理解できる高度な日本語能力が求められます。それを示す資料として、出願時に次のいずれかの日本語試験結果を提出してください。提出された試験の成績は選考の対象となります。
ア.日本語能力試験(N1):「日本語能力試験認定結果及び成績に関する証明書」
イ.日本留学試験(日本語):「日本留学試験成績に関する証明書」
A 試験科目
研究科 科 目
商 学 小論文(日本語能力を主に問う)、面接試験
経済学 小論文(日本語能力を主に問う)、口述試験
国際学 小論文(日本語能力を主に問う)、面接試験
法 学 小論文(日本語能力を主に問う)、口述試験
コンピュータサイエンス 小論文(日本語能力を主に問う)、面接試験
(4) 博士課程 一般選抜
@ 出願資格
(ア) 修士の学位を有する者、または2020年3月修士の学位取得見込みの者。
(イ) 外国において、修士の学位またはこれに相当する学位を授与された者
(ウ) その他本大学院において、修士の学位を有する者と同等以上の学力があると認めた者
以上のいずれかに該当する者。
A 試験科目
研究科 科 目
商 学 論文(専修志望科目の論文)、英語、面接試験
経済学 英語、口述試験
国際学 英語、面接試験
法 学 英語、口述試験
(5) 博士課程 社会人特別選抜(法学研究科のみ)
@ 出願資格
(ア) 法曹資格を有する者
(イ) 弁理士、公認会計士、税理士、司法書士、不動産鑑定士またはこれらに準ずる資格を有し、かつ修士の学位を取得している者と同等以上の学力があると本大学院が認めた者。
(ウ) 企業、官公庁および教育・研究機関等において5年以上勤務している者で、修士の学位を取得している者または取得見込みの者。
以上のいずれかに該当する者。
A 試験科目
口述試験
(6) 博士課程 外国人留学生入学試験
@ 出願資格
外国人で、次のいずれかに該当し、入学に際して「出入国管理および難民認定法」に定める「留学」の在留資格を取得または更新できる者。
(ア) 外国において、修士の学位に相当する学位を取得または取得見込みであること。
(イ) 日本の大学において、外国人留学生として修士の学位を取得または取得見込みであること。
(注) 大学院の授業は原則として日本語で行われますので、留学生には大学院の授業を理解できる高度な日本語能力が求められます。それを示す資料として、出願時に次のいずれかの日本語試験結果を提出してください。提出された試験の成績は選考の対象となります。
ア.日本語能力試験(N1):「日本語能力試験認定結果及び成績に関する証明書」
イ.日本留学試験(日本語):「日本留学試験成績に関する証明書」
A 試験科目
研究科 科 目
商 学 小論文(日本語能力を主に問う)、面接試験
経済学 小論文(日本語能力を主に問う)、口述試験
国際学 小論文(日本語能力を主に問う)、面接試験
法 学 小論文(日本語能力を主に問う)、口述試験
(7) その他
詳細については、大学院教務事務室にお問い合わせください。
2. 教職課程
中学校教諭一種免許状または高等学校教諭一種免許状授与の所要資格を有する者で、当該免許教科に係るそれぞれの学校の教諭の専修免許状所要資格を取得しようとする者は、教育職員免許法および教育職員免許法施行規則に定める所要の単位を修得しなければなりません。
3. 国家試験の一部科目免除
詳細については、大学院教務事務室にお問い合わせください。


PAGE TOP
Copyright (C) OSAKA GAKUIN UNIVERSITY. All Rights Reserved.