.
大阪学院大学 在学生の皆様へ
  1. 大阪学院大学ホーム
  2.  > 在学生の皆様へ
  3.  > 「学生教育研究災害傷害保険(学研災)」と「学研災付帯賠償責任保険(学研賠)」

「学生教育研究災害傷害保険(学研災)」と「学研災付帯賠償責任保険(学研賠)」

大阪学院大学並びに大阪学院大学短期大学部では、正課中、課外活動中、学校行事及び通学中の急激かつ偶然な外来の事故により傷害を受けた場合に対する保険として、「学生教育研究災害傷害保険(学研災)」への加入を2019年4月以降の在学生に義務付けます。この保険は、公益財団法人日本国際教育支援協会が契約者となり、東京海上日動火災保険株式会社を幹事会社とする4社の損害保険会社の共同保険契約です。また、正課中や学校行事中、一部課外活動中及びその往復中に他人にケガをさせたり財物を損壊したりした場合の法律上の損害賠償責任を補償する「学研災付帯賠償責任保険(学研賠)」への加入も同時に義務付けます。保険への加入は、原則として、学費納入時に諸費を一度支払うことで本学が在籍中の契約手続きを代行します。

学生教育研究災害傷害保険(学研災)[PDF:4.4MB]PDF
学研災付帯賠償責任保険(学研賠)[PDF:4.8MB]PDF

なお、在籍期間が4年を超える場合(短期大学部生は2年を超える場合)など、保険が切れた場合は、学研災・学研賠へ再加入が必要となります。留年等で在籍期間が延長される度に保険料は別途追加で必要となり、学費納入時に諸費を支払うことで本学が在籍中の契約手続きを代行します。

保険料と保険期間

保険期間 学研災保険料 学研賠保険料 合計
4年間 3,300円 1,360円 4,660円
3年間 2,600円 1,020円 3,620円
2年間 1,750円 680円 2,430円
1年間 1,000円 340円 1,340円

支払われる保険金

死亡保険金 後遺障害保険金
正課中・学校行事中 2,000万円 程度に応じて120万~3,000万円
「正課中・学校行事中以外で学校施設内にいる間」「課外活動(クラブ活動)中」「通学中・学校施設等相互間の移動中」 1,000万円 程度に応じて60万~1,500万円

死亡保険金・後遺障害保険金(Aタイプ)

医療保険金・入院加算金

治療日数 支払保険金 入院加算(180日まで)
正課中・学校行事中 1日以上
が対象
治療日数に応じ
3,000円~300,000円
入院1日につき
4,000円
課外活動(クラブ活動)を行なっている間以外で学校施設内にいる間、通学中・学校施設等相互間の移動中 4日以上
が対象
学校施設内外での課外活動(クラブ活動)中 14日以上
が対象

申請手続きについて

学研災の場合

  1. 事故発生
  2. 学生課(大学院生は大学院教務事務室)へ事故報告
  3. 必要書類をお渡しします
    ・事故通知書(必要とする場合のみ)
    ・保険金請求書用紙セット(保険金請求書兼事故証明書、診断書、治療状況報告書)
    ・通学中事故証明書または施設間移動中事故証明書(該当する場合のみ)
  4. 事故通知
    事故が発生した場合、保険会社に事故内容を(事故があってから30日以内に)届ける必要があります。Web (日本国際教育支援協会 JEES) 上で事故報告を行うか学生課(大学院生は大学院教務事務室)から「事故通知書」を受け取り必要事項を記入後、ご自分で投函して頂きます(葉書の切手は不要)。
    事故通知システム
  5. 治療期間終了〔日常生活に支障がなくなるまでの期間が、保険の対象〕
  6. 保険金請求
    治療が終了してから保険金請求書兼事故証明書を保険会社に提出します。通学中や施設間移動中に事故が発生している場合は「通学中事故証明書」もしくは「施設間移動中事故証明書」も提出します。正課中の場合は教員、課外活動中の場合は責任者の証明が必要となります。保険金請求額が10万円以下の場合は、保険金請求書兼事故証明書に加え「治療状況報告書」と「領収書」を提出します。保険金請求額が10万円を超える場合は「診断書」を添付します。ただし、診断書を提出した医療機関以外にも受診した医療機関がある場合や診断書に記載のない入通院日がある場合は、「治療状況報告書」と「領収書」を提出します。
  7. 保険金支払い
    保険金は、保険会社が事故の状況、傷害の程度を確認、調査したうえで請求者が指定した口座へ振り込まれます。(請求後約2週間~1ヶ月程度かかります)

学研賠の場合

  1. 事故発生
  2. すぐに保険会社(東京海上日動学校保険コーナー)へ電話連絡
    電話番号:0120-868-066
    連絡内容:ご自分の氏名・年齢・大学名、事故の発生場所、事故の原因、事故の発生日・時刻、被害者の氏名・年齢、被害(傷害、損害等)の程度
    あわせて学生課(大学院生は大学院教務事務室)へ事故報告
  3. 被害者との示談等
    保険会社からの助言に基づき、ご自分(未成年の場合は親権者)が被害者との示談交渉を進めます。
  4. 必要書類をお渡しします
    ・保険金請求書
    ・付帯賠責往復事故証明書(該当する場合のみ)
  5. 保険金請求
    保険金請求書を保険会社に提出します。該当する場合は、付帯賠責往復事故証明書やその他書類(破損状況の写真、見積書、示談書等)も併せて保険会社に提出します。また正課中の場合は教員、課外活動中の場合は責任者の証明が必要となります。
  6. 保険金支払い
    保険金は、保険会社が事故の原因や状況を確認、調査したうえで請求者が指定した口座へ振り込まれます。(請求後約2週間~1ヶ月程度かかります)

加入証明書の発行

 インターンシップに参加する際に、学研災及び付帯賠責の加入証明書を求められることがあります。学生課にて加入証明書を発行しますので、必要な場合は、お越しいただきお申し込みください。

学研災・学研賠に関するお問い合わせ

大阪学院大学 学生課 (大学院生は大学院教務事務室)
Tel.06-6381-8434(代表)

.
このページの先頭へ
.