.
大阪学院大学 在学生の皆様へ

通学

通学には、電車・バス等の公共交通機関を利用してください。
通学定期券の購入方法については、通学証明書〔証明書/届出・願書 3(2)〕を参照してください。

1. 自動車通学の禁止

学生の通学は徒歩または自転車もしくは電車・バスなど公共交通機関の利用を原則としており、自動車通学は禁止しています。

(1)交通事故の当事者にならないために!

自動車による通学は必然的に交通事故の当事者(加害者、被害者)になる可能性を伴います。当事者になれば身体的な障害や、経済的な負担から学生の身分を保持できなくなるおそれが生じ、本来の目的である学業に支障をきたすことになります。

本学は至近距離にJR岸辺駅および阪急正雀駅があるので、安全で確実な公共交通機関を利用してください。

(2)迷惑駐車の厳禁!

本学周辺は道路の狭い住宅地や商店の立ち並ぶ商業地と隣接し、路線バス、トラックなどの業務用車両が数多く運行する幹線道路に取り囲まれており、1台の駐車が他の車両の通行に影響を及ぼすほか近隣住民の生活や業務に大きな支障を与えることになります。

このため本学では住民自治体などの申し入れを受け、路上駐車はもとより他人の管理地への無断駐車をさせないことを約束しています。地域社会に迷惑をかけないことは本学の基本であり、これを守ることは社会生活を営むうえで当然の義務です。よって学生部では、地域住民の方々や警察などの行政機関と連携し、大学周辺での迷惑駐車追放に全力を挙げており、違反者に対しては学則違反として厳しく対処しています。

2. 単車・自転車通学

本学では、学生個々の事情により、やむを得ない範囲において単車・自転車による通学を認めています。ただし、通学途上の交通安全には十分留意し、必ず大学指定の駐輪場に整然と駐輪してください。大学周辺の道路や、マンション敷地内等に放置する学生に対しては、厳正に対処します。
なお、平成28年7月1日、大阪府自転車条例が施行され、自転車の利用者は、自転車保険(個人賠償責任保険)への加入が義務化されました。通学に利用する自転車が保険に入っているかどうか、今一度確認し、まだであれば、早急に加入するようにしてください。
また、ミニバイクの普及に伴い、単車通学者は増加の一途をたどっていますが、駐輪場の収容能力には限りがあります。また、通学途中における単車事故の危険性も高くなりますので、できるだけ単車通学は自粛するよう要望します。

(1)単車通学者の登録義務

やむを得ず単車通学を希望する学生は、事前登録が義務づけられています。毎年4月に、学生課にて運転免許証および登録番号(ナンバープレート)のわかる検査証または原動機付自転車申告済証等を提示し、単車通学の登録をしてください(登録の有効期間は登録年度から卒業まで)。登録手続きをした場合は、「単車通学登録済証」を交付し、「登録済シール」を発行します。
登録済シールは、所定の位置に貼付してください。貼付していない単車は駐輪できません。

(2)「安全運転講習会」の受講義務

本学では、単車通学者に対して、毎年2回吹田警察署の協力を得て実施する「安全運転講習会」の受講を義務づけています。
また、自転車通学者も安全運転講習会に参加してください。

.
このページの先頭へ
.