大阪学院大学 学生生活
  1. 大阪学院大学ホーム
  2.  > 学生生活
  3.  > 教育開発支援センター

学修に関する総合相談窓口(教育開発支援センター)

学修に関する総合相談窓口

休学や退学に関する悩み、転学部・転学科など、学修全般に関することについて、学生本人はもちろん、保護者の方からのご相談にも応じています。学修に関する悩みがある場合は、教育開発支援センターへ気軽にご相談ください。

教育開発支援センターの取り組み

教育開発支援センター ~学生の視点に立つ教育改善~

所長 白川雄三 経済学部教授

教育開発支援センターは、本学の「建学の精神」に基づく大学教育の改善を目的に、平成18年10月に開設されました。
本学学生の視点に立ち、社会のニーズに対応するための教育システム開発の研究部門、それらを実践かつ支援する教職員支援部門、学生の学修を支援する部門の3部門の教育支援の活動を行っています。
これらの支援活動を通して、学生にとって、
① 「わかりやすく確実に学力がつく講義」
② 「充実した学生生活」
③ 「豊かな将来の保証」をめざしています。

.
教育の四つの柱(教育ビジョン)

1. 四年間一貫した少人数ゼミナール (人間力教育と専門教育)
2. 確かな学力と充実した学修支援
3. 一人ひとりに応じた魅力的なキャリア教育支援
4. 英語力を確実に伸ばすプログラム

学修支援

教育開発支援センターは学生の4年間の学修を見守ります。

初年次教育の重要性

高校までの受動的な授業ではなく、大学での学修は自主的に取り組み、学生自らが学生生活を組み立てる必要があります。その学ぶ姿勢の転換がうまくできず、キャンパスライフに馴染めない学生が増えています。その結果としての出席率の低下、4年間での卒業率の低下が問題視されています。そうならないためにも、今大学において、初年次にスムーズな転換を図るための教育が重要となっています。

大阪学院大学の初年次教育について
「フレッシュマンスキル」

この科目はキャリアデザインからの視点で行う初年次教育です。大阪学院大学の建学の精神、学部の教育目的、学位授与方針、教育課程編成・実施の方針を理解します。アカデミックスキルはもちろん、本学の施設設備を活用し、充実した大学生活について学びます。
この科目は、「OGU教育」(1単位)と同様、初年次生は履修しなければいけない科目です。1年次後期から始まる「キャリアデザイン科目」に先立ち、社会人基礎力を養成します。

  • フレッシュマンスキル
  • フレッシュマンスキル
  • 初年次生対象教育懇談会

フレッシュマンスキルの様子

初年次生対象教育懇談会

5月に「初年次生対象の教育懇談会」を開催し、ゼミ担当教員と保護者・学生との懇談を行っています。 2019年度は、5月18日(土)に開催します。入学後の履修・出席状況や大学生活の様子に関する相談を通して、今後の学修に役立てて頂く良い機会となります。親子揃ってのご出席をお勧めします。

.
  • 初年次生対象教育懇談会
  • 初年次生対象教育懇談会
  • 初年次生対象教育懇談会
キャリア教育(体系的なキャリアデザイン)

キャリア教育は、「キャリアデザイン入門Ⅰ」(1年次後期2単位)、「キャリアデザイン入門Ⅱ」(2年次2単位)、「キャリアデザインⅠ」(2年次2単位)、「キャリアデザインⅡ」(2年次2単位)、「キャリアデザインⅢ」(3年次2単位)の計5科目で構成されています。
また、学生の進路に応じたキャリア形成を選択できるように、企業、公務員、教員向けのクラスをそれぞれ開講しています。また「キャリアデザインⅠ」、「キャリアデザインⅡ」、「キャリアデザインⅢ」には「女子専用クラス」を設けています。「キャリアデザインⅠ」はSPI等、「キャリアデザインⅡ」は自己PR・面接、「キャリアデザインⅢ」は業界研究を行っています。
さらに、キャリアデザイン科目では、アクティブ・ラーニングやPBL(Project-based learning)を取り入れ、学生が主体的に学べるような学習法を取り入れています。

吹田市との官学連携PBLと産学連携PBL

教育開発支援センターでは、「学問と社会・産業のつながり」を深く理解し、考え、行動できる課題解決能力を持った人材の育成に力を入れています。そのため、キャリアデザイン科目に、吹田市との官学連携PBLや産学連携PBLとして、「アクティブ・ラーニング」手法を取り入れ、課題解決型学習法(Project/Problem Based Learning)の開発・推進に取り組んでいます。

1.吹田市との官学連携PBL

1年生を対象に行っている官学連携課題解決型学習の一環として、大学のある地元・吹田市の行政課題解決に取り組んだ発表が行われた。① 福祉・介護事業のイメージアップ、② 市イメージキャラクター「すいたん」のグッズ開発、③ 読まれる防災ハンドブック作りの三つの課題に対し、2チームずつが発表を行った。
それぞれがパワーポイントを使って説明資料を制作し、チームで手分けしてプレゼンテーションを実施。すいたんのPRコンセプトをはっきりさせて切手やはがきのデザインに取り入れるアイデアを出したグループ「ほっとれもん」が最優秀賞に選ばれた。また、若者になじみの薄い福祉・介護の現場実態把握に悪戦苦闘しながらも、予防医学の充実とPRイベントの実施などを提案したグループ「おにぎり」に福祉賞が贈られた。

.
  • 吹田市との官学連携PBL
  • 吹田市との官学連携PBL
  • 吹田市との官学連携PBL
  • グループ「ほっとれもん」が最優秀賞に選ばれる
  • 福祉賞は「おにぎり」
.
2.産学連携PBL

「キャリアデザイン入門Ⅱ」(非常勤講師 松本治氏担当)で行われた。「産学連携PBL」では、社会保険労務士である梅村氏から、「OECD加盟国の中で日本の労働生産性は低いとされているが、その原因・要因について考察しなさい」という課題が出された。この労働生産性とは、「国内総生産量÷(就業者数×労働時間)」で算出されるが、日本における労働生産性が低い要因には、国民性や文化・生活習慣などが複雑に関与していると思われる。その主たる要因とその根拠を示すことが求められる。
前期においては、法学部2名と経営学部1名の学生3名が取り組み、各自の考えをプレゼンテーションした。経営学部2年次生の前田君の考察では、日本の生産性が低いのは、労働に対する日本の風潮・国民性により、「日本人は残業が多いため、仕事の効率が低下する」ことで国民総生産量が少なくなるという。「今後、少子高齢化で働き手が減り、さらに生産性が落ちてしまう可能性」も指摘し、さらに、「日本の採用、雇用に関する考え方の改善」を挙げ、新卒一括採用もまた、労働生産性の低下を招く要因であるので、採用・働き方について抜本的な論議が日本において必要かも知れないと考察した。
後期においては、情報学部2年次生の奥村君の考察によると、労働生産性は、国内総生産量を「労働者数と労働時間」の積で除して算出されるが、その分母に要因があると指摘する。つまり、仕事に対するモチベーションや対価が異なる新人とベテランの労働者を一括りに扱っていることで、見かけ上、低く算出されると考察した。

.
  • 産学連携PBL
  • 産学連携PBL
  • 産学連携PBL
  • 社労士の梅村氏からの課題提示
  • 経営学部2年次生の前田君
  • 情報学部2年次生の奥村君

今後も地域志向教育のPBLや未来志向の産学連携を通して、未来を切り開く人材の育成を推進します。

.
このページの先頭へ
.