講義コード 400J503001
講義名 商事法務特殊研究Ⅰ001
開講責任部署 大阪学院大学大学院
講義開講時期 前期
講義区分 講義
基準単位数 2
時間 13.00
開講年度 2020
配当年次 1
曜日講時 土4
担当教員

氏名
◎ 新井 修司

講義(演習)テーマ
企業取引法の応用問題
講義(演習)概要
この授業では、企業取引法の応用問題を研究する。
到達目標
企業取引に関しては、実際にその実務に携わる者以外の者にとっては、その具体的なイメージを持つことが難しい。しかし、この授業では、すべての企業取引の基礎となる法理論を中心としつつ、できるだけ実務における具体的な例を挙げながら説明するので、法が実際に適用される場面について、確実に習得してもらいたい。
講義スケジュール(授業計画)
企業取引法の応用問題を研究する。
内容
第1回商法総論
第2回商行為概念
第3回商人概念
第4回営業能力、営業所、支配人
第5回支配人以外の商業使用人、代理商
第6回商号、商業帳簿
第7回商業登記
第8回営業譲渡、商行為通則(1)
第9回商行為の通則(2)
第10回商事売買
第11回有価証券法総論
第12回交互計算、匿名組合
第13回運送取扱営業、運送営業

評価基準・方法
定期試験: 60%
レポート: 20% 1回ないし2回実施する予定。
日常点: 20%
その他: 0%
授業外学習の指示
*予習・復習について
毎回の授業の終了時に次回の授業の内容について予告するので、次回の授業には必ず予習をしたうえで臨むこと。また、毎回しっかりと復習することが必要であることはいうまでもない。
履修上の注意
授業には毎回必ず出席すること。毎回必ず六法も持参すること。
オフィスアワー
4月に学生ホームページに掲載する
教科書
授業中に指示する
参考文献
授業中に指示する
担当者からの一言
新型コロナウイルス感染拡大に伴い対面授業ができない場合・レポートを作成してください。・日本商法の歴史について、400字詰め原稿用紙3枚以上5枚以内に、手書きで、要領よくまとめ、対面授業の初回時に提出すること。(4/11、4/18、4/25、5/2)