大阪学院大学 学生生活
  1. 大阪学院大学ホーム
  2.  > 学生生活
  3.  > 奨学金制度等

奨学金制度等

白井奨学生制度

この制度は、創立者 白井種雄の遺志を継承し、学業、スポーツ、社会・文化活動を通じ充実した学生生活を送るとともに、本学の模範生として社会に寄与する人材を育成するために設けられたものです。この制度の運用は、規程の定めに従い学費減免により行います。

募集時期

11月~12月(年1回)

出願資格

学業分野、スポーツ分野、社会・文化活動分野において極めて優れた成績・活動等を収めている模範学生である者。例えば、学業分野では、前期終了時点の成績において、GPAポイントが3.40以上の1~3年次生。

学費(入学金および諸会費を除く)減免の種類および減免額
種 類 減免額
第1種 年間学費相当額
第2種 年間学費7割相当額
第3種 年間学費半額相当額
第4種 年間学費3割相当額
第5種 年間学費2割相当額
第6種 年間学費1割相当額

※平成27年度分の種別を示す。

採用人数

120名程度

企業後援会奨学金

本学の教育目的について民間企業等から賛同を得て設けられたもので、将来有益な人材となる見込みのある者に給付する奨学金です。

募集時期

4月(年1回)

出願資格

学業成績・人物共に優秀であり、健康にして将来有為な人材となる見込みのある者で、所定の成績を修得している者。

給付額

10~20万円(年額)

採用人数

30~40名程度

学生奨励金"夢を実現させよう"

学生生活の活性化や学生の意識向上を図るために設けられたもので、夢の実現やスポーツ活動、芸術活動、文化活動やコンクール出場などの活動費に対する援助として奨励金を給付しています。

交換留学奨励金

交換留学は留学先での授業料が免除されます(留学先大学のプログラム内容によっては、免除されないものもあります)。また、留学期間中、交換留学奨励金を貸与※します。
※貸与された奨励金は、留学から帰国後、本学卒業と同時に返還の必要はなくなります。

日本学生支援機構 奨学金

この制度は、独立行政法人日本学生支援機構が、経済的理由により修学に困難がある優れた学生に対し、学費として奨学金を貸与します。日本学生支援機構の奨学金は貸与ですから、返還の義務があり、必ず返還しなくてはなりません。

.

その他の奨学金

地方自治体や民間育英団体が実施している奨学金制度(貸与・給付)が多数あります。これらの奨学金は、設立目的や奨学金額、手続き方法等が異なっていますので、希望者は学生課もしくはそれぞれの自治体や育英団体等に直接問い合わせてください。

〔大学取り扱いの主な奨学金制度〕

  • 各都道府県の教育委員会 (申し出があった場合に対応)
  • 各市町村の教育委員会 (申し出があった場合に対応)
  • 公益財団法人山口県ひとづくり財団
  • 公益財団法人奥村奨学会
  • 公益財団法人船井奨学会
  • 公益財団法人小野奨学会
  • 一般財団法人国際教育振興財団
  • 大阪学院大学 校友会
  • 日経大阪育英奨学会
  • 公益財団法人瀧川奨学財団
  • 公益財団法人富本奨学会
  • 公益財団法人朝鮮奨学会
  • 公益財団法人交通遺児育英会
  • あしなが育英会
  • 読売育英奨学会
  • 朝日奨学会
  • 毎日育英会
  • 産経新聞奨学会
.

〔短期大学部取り扱いの主な奨学金制度〕

  • 各都道府県の教育委員会 (申し出があった場合に対応)
  • 各市町村の教育委員会 (申し出があった場合に対応)
  • 公益財団法人山口県ひとづくり財団
  • 大阪学院大学 校友会
  • 日経大阪育英奨学会
  • 公益財団法人朝鮮奨学会
  • 公益財団法人交通遺児育英会
  • あしなが育英会
  • 読売育英奨学会
  • 朝日奨学会
  • 毎日育英会
  • 産経新聞奨学会
.

※なお、推薦書が必要な場合には、学生課へ申し出てください。
(注)入学前に在学していた学校において大阪府育英会の奨学生であった人は、入学後「在学証明書」を申し込み、返還期限猶予に必要な書類に添付のうえ、大阪府育英会に送付することで、返還期限が猶予されます。

このページの先頭へ
.