大阪学院大学 学部学科・研究科
  1. 大阪学院大学ホーム
  2.  > 学部学科・研究科
  3.  > 流通科学部 流通科学科(学科概要)

商学部 商学科

※商学部 商学科は、2014年4月に流通科学部 流通科学科から名称変更。

学科の方針

マーケティングとビジネスコミュニケーションを核とした流通ビジネス分野の研究を通じ、教養と総合的判断力を備えた人材を育成します。

流通・サービス産業は日本経済の中核を担っています。本学部では、流通・マーケティングの知識を体系的に学修するとともに、経済社会に関する情報の収集・分析・発信能力や幅広い教養も修得。専門知識を活用して経済社会における諸問題を解決する能力と、それを根底で支える広い視野を持ち合わせた実践的で創造性豊かな人材を育てます。

学びの特色

基礎から専門領域まで生きたビジネス社会を体系的に学ぶ。

身につく力

幅広い視野に立って考える力と、現場で即応できる実践力が身につく。

めざす進路

流通・マーケティング・会計・ITなど、あらゆるビジネス分野で活躍できる。

.
◆取得可能資格
●支援資格・検定試験

◆高等学校教諭一種免許状(商業)  ◆学校図書館司書教諭資格
◆博物館学芸員資格  ◆図書館司書資格
●基本情報技術者 ●日商簿記 ●ITパスポート ●販売士 ●税理士
●米国公認会計士 ●パソコン検定 ●ファイナンシャルプランナー
●宅地建物取引士 ●公認会計士 ●通関士 ●情報処理技術者
●電子会計実務検定 ●小学校教諭一種免許状

.

Movie

  • 第8回B-chat
  • 第7回B-chat
  • 第6回B-chat
  • 2年次生対象の合同ゼミナール
  • 第5回B-chat
  • 第4回B-chat
  • 第3回B-chat
  • 第2回B-chat
  • 2年次生対象の合同ゼミナール
  • B-chat兼交流会
  • 1年次生対象のコミュニケーション・ワークショップ

学科の特長

現役の企業経営者と対話するビジネスチャットとインターンシップを軸に、学生が意欲的に学べる。

将来の日本経済を担うためには、昨今のビジネス社会を知り、現場を体感することが必要です。商学部では、この[知]と[場]を学びの体系に位置づけ、現役の企業経営者を講師として招き対話やディスカッションを行う「ビジネスチャット」と、実際のビジネス現場から学ぶ「インターンシップ」への参加を推奨しています。在学中から生きたビジネスに接することで、社会への問題意識や挑戦意欲が高まり、将来の目的を早くから意識して、具体的な取り組みに生かすことができます。

[知]ビジネスチャット

ビジネスチャットとは、企業経営に携わっているOGU卒業生で構成された「大阪学院フェニックス倶楽部」会員の協力を得て実施するプログラムです。会員を講師として招き、マーケティング、リーダーシップ論などのほか、社会情勢から働き方まで、経営者ならではの知見や経験を生かした講義を実施し、参加する学生と活発な対話やディスカッションを行っています。

.

[場]インターンシップ

本学部では、社会の一員としてビジネスの現場を体験できるインターンシップへの参加を推奨しています。早期に社会で求められる知識や能力を知り、自身の力と照らし合わせ、自分の興味・関心について理解を深めることができるよう、2年次から企業見学やインターンシップに特化したゼミナールを設置。様々な業界や企業に接する機会を設けて、社会への関心と職業観をはぐくんでいます。

.

4年間の学び

学びの土台となる商学の基礎知識を修得します。

経済論や商業史などの概論に加え、流通ビジネスや観光・サービス産業の業界入門、マーケティング、簿記・会計など、学びの土台となる「商学」の基礎知識を修得し、ビジネスの現場で挑戦するための基礎学力を身につけます。

興味や関心に合わせてコースを選択。専門分野を学びます。

2年次では現代社会で必要とされるマーケティング・グローバル・財務の3つの専門分野から、将来を見据え、興味や関心に応じてコースを選択。各専門分野における基礎知識を身につけます。

高度な専門知識を身につけ、応用力を高めます。

2年次に選択した各コースにおいて、専門知識をさらに深めるために、より高度な専攻科目を履修。現役の経営者による講義などを通し社会の課題を学びながら、適応力、応用力を高め、実践力を身につけます。

専門領域を追究し、卒業論文を制作します。

ビジネスパーソンとして市場を的確にとらえて分析・解決する力と、多様化する現代ビジネスに対応できる即戦力を身につけます。さらに、4年間の学びの集大成として卒業論文に取り組みます。

.
4年間の流れ図

コース紹介

マーケティングコース

ビジネスの現場を駆け抜け消費者が求めていることをつかみます。

顧客が求めている商品やサービスを作り、それをいかに世に広めて売ることができるか。流通・マーケティングの専門領域を体系的に学び、「売れる仕組み」を理解することで、実践的なビジネススキルである問題解決力を身につけます。

グローバル・ビジネスコース

世界を舞台にひるむことなく攻めのビジネスを展開します。

モノ・サービス・カネが自由に動くグローバルビジネスの時代において、企業活動の在り方は世界市場に大きくかかわってきます。企業とマーケットを結びつけ、国際的なビジネス活動を理解し、実践的な能力を養います。

財務情報コース

財務とITの専門知識でビジネスの安定を守ります。

企業経営の現状を知るための財務情報や管理会計情報を多面的に分析できる知識を修得。税理士や公認会計士などの資格取得をめざします。また、ネットビジネスなどマーケティングコミュニケーションの手段であるITスキルを身につけます。

教員紹介

教員紹介(商学部) にリンクしています。

開講科目

(2015年度入学生用)

開設科目

履修モデル

マーケティング戦略コース

  1年次 2年次 3年次以上
基礎科目 ※マーケティング入門
※流通ビジネス入門
商業史
商業学
基幹科目 ※マーケティング論
国際貿易論
消費者行動論
国際マーケティング論
ファッションマーケティング論
広告論
マーケティング戦略論
専攻応用科目 マーケティング・ケーススタディ
サービスマーケティング論
企業価値論
フードビジネス論
専攻共通科目 基本経済論
サービス産業入門
サービス産業論
情報処理演習Ⅰ
経営情報管理
コミュニケーション心理学
情報処理演習Ⅱ
認知心理学

※は、必修科目を示す。

グローバル・ビジネスコース

  1年次 2年次 3年次以上
基礎科目 ※マーケティング入門
※流通ビジネス入門
商業史
商業学
入門簿記
基幹科目 ※流通論
国際貿易論
国際会計論
ファイナンス論
流通ビジネス論
チェーンストア論
ニュービジネス論
貿易実務論
専攻応用科目 外国為替論
交通ネットワーク論
流通政策
多国籍企業論
専攻共通科目 基本経済論
基本会計学
中級簿記
情報処理演習Ⅰ
工業簿記
組織コミュニケーション論

※は、必修科目を示す。

財務情報コース

  1年次 2年次 3年次以上
基礎科目 ※マーケティング入門
※流通ビジネス入門
商業学
入門簿記
基幹科目 ※会計情報基礎論
国際会計論
経営システム論
システム管理論
ビジネス情報管理
会計情報システム論
管理会計論
原価計算論
専攻応用科目 企業価値論
情報ネットワーク
生産情報システム論
株式会社会計論
専攻共通科目 基本経済論
基本会計学
経営情報管理
中級簿記
工業簿記
情報処理演習Ⅰ
コンピュータ会計演習
会計ソフト演習
非営利組織論

※は、必修科目を示す。

このページの先頭へ
.