大阪学院大学 学部学科・研究科
  1. 大阪学院大学ホーム
  2.  > 学部学科・研究科
  3.  > 経済学部 経済学科

経済学部 経済学科

学科概要

経済情勢の変化に適応できる幅広い経済的知識の修得を通じて、実践的な研究活動や社会貢献を志向し、平和な発展した社会を形成する能力を有する自立した人材の育成をめざす。

経済学部では、本学の「建学の精神」ならびに経済学部の「人材の養成・教育研究上の目的」に賛同し、「教育目標」および「卒業認定・学位授与の方針」に掲げる学修に求められる意欲や基礎的知識と能力を持っている次のような学生を求めています。

  • 経済社会において、国内外の視点から企業・産業がどのような活動を行っているか、また、どのような役割と課題を持っているかについて学びたい人
  • 国や地方自治体の政策のあり方や地域振興などのテーマにチャレンジしたい人
  • スポーツと経済のかかわりに興味を持ち、経済学の視点からスポーツの可能性を探求したい人
  • 海外研修や留学等を通じて、国際的な視野と感覚を身につけ、グローバルな視点から経済を学びたい人
※高等学校で履修するのが望ましい教科・科目
  • … 国語、数学、外国語、公民、地理歴史、理科等、高等学校卒業相当の知識を有していること。
※高等学校で取得するのが望ましい資格等
  • … 高等学校での学習や活動を通じての外国語、商業簿記、秘書、情報処理等の各種検定資格。
  • … スポーツや文化活動およびボランティア活動に取り組んであげた実績。
◆取得可能資格
●支援資格・検定試験

◆中学校教諭一種免許状(社会)
◆高等学校教諭一種免許状(地理歴史・公民)
◆学校図書館司書教諭資格 ◆博物館学芸員資格 ◆図書館司書資格
●宅地建物取引士 ●公認スポーツ指導者 ●TOEIC® ●小学校教諭一種免許状

.

CLOSE UP

合同ゼミナールで就職活動を1年次からサポート

キャリアセンターと連携し、就職活動に向けて将来への意識を高めます。

将来の夢や目標を実現するための各種プログラムを整備

上級公務員支援プログラム

地方公務員(都道府県・市町村)や国家公務員(総合職・一般職)、労働基準監督官、国税専門官などを志望する学生を支援します。

警察官・消防官サポートプログラム

警察官や消防官をめざすために「警察研究」などの専攻科目を開講。仕事の意義、特色についてゼミナール形式で考察し、警察官や消防官として活躍する卒業生とのディスカッションの機会も設け、採用後に必要となる知識や心構えも指導します。

公認スポーツ指導者養成プログラム

公益財団法人日本体育協会が認定する公認スポーツ指導者の資格取得をめざします。本プログラム開講科目の単位を取得すると、資格取得に必要な同協会の講習と試験が一部免除されます。

Project700「海外留学プログラム」

まず「海外での語学学習」に参加し、集中的に英語力の強化を図ります。帰国後も英語で経済学を学び、3年次後期には、海外の提携大学に留学する「専門分野留学」に参加し、現地の学生とともに経済学の専門的な内容を英語で学習します。本プログラムは留学しながら4年間で卒業することが可能です。
※このプログラムの参加には一定の基準が設けられています。
※海外での語学学習参加者には学費減免制度が適用され、専門分野留学参加者には留学における奨励金制度が適用されます。

4年間の流れ

経済学を学ぶうえで必要な基礎的知識を修得します。

幅広い教養を「共通科目」で身につけながら、経済の基礎的な知識を修得し、経済への関心を高める「基礎科目」を学びます。経済活動を構成する諸制度や歴史と理論を学ぶことで、市場を見る力を養います。

経済学の基礎を固め、コースごとの専門へと進みます。

経済政策、財政問題、金融や経済分析の方法など経済学の基礎から専門へと進むための共通基盤を築きます。さらに、コースの特性に応じた専門知識を体系的に学びます。

経済学と周辺領域から専攻分野を選択。就職活動にも備えます。

グローバル化する日本の経済や産業、地方分権、アジアの経済や企業など、興味や関心に応じてゼミナールを選択。また、就職活動に備えて志望する業界を研究・分析します。

卒業論文の完成と、志望企業の内定獲得をめざします。

これまでに修得した知識の集大成として、研究テーマを決定し、卒業論文を完成させます。また、就職活動を開始し、内定獲得と社会人としての自立をめざします。

.
4年間の流れ図

コース紹介

経済コース(入学時に選択)

経済学の基礎を学び、経済学的な物の見方を修得します。その中で、自らが将来どのように経済とかかわりたいのかを見極め、コース選択に備えます。

産業経済コース(2年次に選択)

企業で活躍したい人に適したコースです。企業や産業を取り巻く経済活動の仕組みを学び、ビジネス社会の理解に必要な経済知識を修得します。

公共経済コース(2年次に選択)

公務員・教員など地域で活躍したい人に適したコースです。国や地方自治体が社会に果たす役割や、公共部門と経済政策に関する知識を学びます。

スポーツ経済コース(入学時に選択)

スポーツ関連企業への就職やスポーツ指導者として活躍したい人に適したコースです。経済学とスポーツ科学を学び、スポーツを多面的に理解することで、スポーツに対する社会からのニーズに応えられる力をはぐくみます。

グローバル・エコノミーコース(1年次後期に選択)

国際的な舞台で活躍したい人に適したコースです。「海外での語学学習」と「専門分野留学」の2度の海外体験で「経済を広い視野で読み解く力」と「英語力」を鍛え、グローバル社会で活躍できる能力を身につけます。

このページの先頭へ
.