大阪学院大学 学部学科・研究
  1. 大阪学院大学ホーム
  2.  > 学部学科・研究科
  3.  > 短期大学部 経営実務科(学科概要)

短期大学部 経営実務科

大阪学院短期大学は、平成25年4月から大阪学院大学短期大学部に名称変更いたしました。

学科の方針

ビジネス実務能力の修得を通じて、社会で即戦力として活躍できる、創造的で自立した人材を育成します。

ビジネス社会では、物事を総合的に判断できる幅広い教養と知的基盤が必要です。短期大学部では、ビジネスの現場や実生活に必要な実務知識およびスキルを修得するとともに、グローバルな視点で世の中の動きに関心を持ち、主体的に問題解決に取り組む力を養います。実践的な知識と技能を身につけ、責任を持って行動できる人材を育てます。

学びの特色

コミュニケーション能力、ビジネス実務能力を養い、社会人基礎力を高める。

身につく力

自分の力を発揮するための資格取得にチャレンジし、変化するビジネス社会に対応する知識と知恵を身につける。

めざす進路

金融・情報・販売・製造・美容・ファッション業界など、活躍の場や働き方の幅が広がる。大学への編入学もできる。

.
◆取得可能資格
(認定申請予定)
●支援資格・検定試験

◆実践キャリア実務士  ◆秘書士  ◆ビジネス実務士  ◆情報処理士
●日商簿記  ●ICTプロフィシエンシー検定(P検)  ●ITパスポート
●MOS(マイクロソフト オフィス スペシャリスト)  ●秘書技能検定
●販売士  ●TOEIC  ●ビジネス能力検定  ●サービス接遇検定  ●色彩検定
●診療報酬請求事務能力認定試験  ●宅地建物取引士  ●漢字能力検定
●実用英語技能検定  ●ファイリング・デザイナー検定

.

2年間の学び

2年間のSTEP

サポート体制

担任制

一人ひとりを徹底サポート

短期大学部では、「総合基礎ゼミナール」を柱に、複数の教員からなる担任制を採用し、一人ひとりの成長をきめ細かくサポートしています。例えば、学修成果や適性を定期的に評価し、履修計画や指導に反映。定期的な面談では、学修や4年制大学への編入学、就職だけでなく健康や悩みの相談にも応じます。

クォーター制

資格取得や目標に向けて集中学修

短期大学部では、1年間が4学期と2セッションからなるクォーター制を採用しています。履修する科目を2か月間に集中して学ぶことで、知識を着実に身につけることができます。また、資格取得を支援する科目も、資格の試験日程に照準を合わせて開講するので、資格試験対策でも高い効果が期待できます。

アクティブ・ラーニング

主体的に学べる講義スタイル

講義を吸収するだけでなく、事前課題や予習に取り組み、講義中も対話やディスカッションで意見交換を行うなど、学ぶ側も主体的に『行動』する「アクティブ・ラーニング」中心の講義スタイルを導入しています。一時的な知識の量や正確さを問うだけでなく、知識を深め、着実に身につけることができるので、学ぶことそのものへの興味も高まり、好奇心を持って学ぶという能動的な学修スタイルを身につけることができます。

インターンシップ

インターンシップで社会を体験

短期大学部では、全員が1年次にインターンシップを体験します。実際の企業での就業体験は、新たな自分の発見と職業観の養成につながり、将来の目標を定めるうえで役立ちます。

教員紹介

教員紹介(短期大学部 経営実務科) にリンクしています。

このページの先頭へ
.