TRIZ教科書 (案内と資料)


『TRIZ 実践と効用 (3S) 階層化TRIZアルゴリズム (入門編) - 初心者のための図で学ぶ教材−』 の出版案内

(製本版)

『(3) 階層化TRIZアルゴリズム - 初心者から上級者までの図で学ぶ教材−』 出版案内は別ページを参照ください。

原著者:      Larry Ball (米国)
原著(英語):   ”Hierarchical TRIZ Algorithms"
              TRIZ Journal 連載(2005年5月〜2006年6月)

訳者:       高原利生 () ・ 中川 徹 (大阪学院大学名誉教授) 共訳
出版:      クレプス研究所 (千葉・柏)
出版日:    2014年 7月28日刊行
出版形態:   製本版 and ダウンロード版
販売サイト:  製本版 は Amazon マーケットプレイスで;
         電子書籍 ダウンロード版 は DLmarket サイト で
  

掲載:       2014年 7月28日; 更新: 2015.11.11
For going back to the English page, press: 

 販売サイトの変更: 製本版は Amazonマーケットプレイスで、 ダウンロード版 は DLmarket で (2015.11.11) 

 編集ノート (中川 徹、2014年 7月21日) 

TRIZについて初めて学ばれる方のための、読みやすく、安価な、教材づくりが一つの懸案です。そこで、本シリーズ第3巻のLarry Ball の著書のうち、「初心者向け」の部分だけを抽出して、この第3S巻『 階層化TRIZアルゴリズム (入門編)』を作りました。著者があらかじめ指定していた、各章の導入部と「簡易版」の部分を集めたものです。B5、本文カラー56頁で、製本版1200円にして、読みやすく、お求めやすくなっています。

本ページには、この第3S巻(入門編)に固有に関わることだけを記述します。

 

 

本件のチラシを作りました。知人・同僚の方への推奨、また、大学、会社、地域の図書館/図書室での購入検討などに、お使いいただけますと幸いです。TRIZの教科書・教材が全国のいろいろな図書館/図書室に備わっていることは、TRIZの普及の大事な鍵だと認識しました。(2014. 7.28)

 

『TRIZ 実践と効用』シリーズ 購入関連サイト/ページ ガイド (目的に応じて最下段のリンクボタンをクリックください) (2014. 5.15)
目的
本の内容面を知る
購入方法を知る
購入する
購入関連の
全体像を知る

利用規約を知る

購入手順の
全体を知る

購入サイトの使い方
と登録法を知る
シリーズの
購入ページに入る
個別の本(版)を
購入する
サイト
『TRIZホームページ』
クレプス研究所 Webサイト
DLmarketサイト
DLmarketサイト
ページ
シリーズ出版案内
研究所親ページ
利用規約
購入手順
はじめての方へ
クレプス研究所商品一覧
個別商品ページ
リンク
製本版/DL版

 


 

本ページには、以下の情報をまとめておきます。

出版概要  (書誌情報、購入案内概要、販売形態の別と定価など

出版案内 (本書の簡単な紹介、チラシなど)

はじめに日本語版への著者序文

本書の目次

 

 

本ページの先頭

出版概要

販売形態と定価

紹介 はじめに(中川) 著者序文 本書の目次
『TRIZ 実践と効用』シリーズ出版案内

本書のチラシPDF

  (3) Ball 『階層化TRIZアルゴリズム』     英文ページ

 


 出版概要

本書は、第3巻『階層化TRIZアルゴリズム』の内容のうち、初心者向けの部分だけを抽出して、『入門編』 第 3S 巻としたものです。著者が明示しております「初心者向け」の部分だけを抽出して、製本したものです。以下の内容で構成しています。

はじめに (中川 徹)    −初心者向けに書き直した導入  (1頁)
日本語版への著者序文 (Larry Ball)               (7頁)
目次                                  (2頁)
『階層化TRIZアルゴリズム』 (Larry Ball 著、高原・中川訳) -- 各章の導入部と「簡易版」のページ (計 42頁)
著者・訳者紹介                            (1頁)

クリックで拡大

原書:             『Hierarchical TRIZ Algorithms』、 Larry Ball 著 ( 2005年 5月 刊)
訳:                 高原利生 ( )、 中川  徹 (大阪学院大学)    

訳書発行:   クレプス研究所 (千葉・柏)
発行日:     2014年 7月28日

発行形態:   印刷製本物 。
登録サイト:   DLmarket サイト。https://www.dlmarket.jp/
登録商品ページ:  クレプス研究所ページ: https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=10832   

  購入案内:  チラシ(PDF)、 商品ページ、 購入手順 、  利用規定

 

販売形態の別と定価など (販売の詳細は、親ページを参照。)

  DLmarketサイトでの購入 Amazonマーケットプレースでの購入
  製本版 ダウンロード版 両方同時 製本版
形態

ソフトカバー、B5版、56頁、本文カラー

 なし
なし
ソフトカバー、B5版、56頁、本文カラー
内容構成

はじめに
日本語版のための著者序文、
目次、
本論 (全15章)(各章は導入部・簡易版で構成、図多数を含む)
著者・訳者紹介

はじめに
日本語版のための著者序文、
目次、
本論 (全15章)(各章は導入部・簡易版で構成、図多数を含む)
著者・訳者紹介

国際書籍番号 ISBN978-4-907861-06-3 ISBN978-4-907861-06-3
定価   1,200円+税
+送料257円
DLmarketサイトでの購入指定法  

Amazonマーケットプレース [予定]

入手   クレプス研究所から送られてくる

 

 出版案内 (中川 徹, 2014年 7月21日)  [ダウンロードサイに登録した紹介文です] 

上記の表題のようなTRIZ教科書を、このたび電子書籍の形態で、翻訳・出版いたしました。どうぞご愛読下さい。 

本書は、第3巻『階層化TRIZアルゴリズム』の内容のうち、初心者向けの部分だけを抽出して、『入門編』 第 3S 巻としたものです。

ロシア生まれの技術革新の技法 TRIZ (トリーズ) を、米国の技術者Larry Ball が消化して再編し、 製品開発の一貫プロセスとして、初心者向けに分かりやすく、沢山の図を使って説明したものです。

現場での私たちは、直近の問題解決や製品の改良などの仕事に忙しいわけですが、著者は、「顧客ニーズに沿った新しい製品を開発するときの本来のプロセスを、いつも頭に置いて仕事をせよ」と薦めます。それがタコツボに入るのを防ぎ、より広い目で、より本質的な解決をする方法だからです。

その本来のプロセスは、「ビジネスと市場のニーズを発見する → 売り物とする取り柄 (鍵となる機能) を特定する → 機能の諸要素を理想化する → 機能の諸要素の諸性質(属性) を理想化する」という順に進むものです。それが情報決定の論理的な順番だからです。

このプロセス中で、機能や性質を、望むようには作れないことがいろいろ出てきます。その問題が起こる原因を考え、いろいろな性質を大きく変えて考えてみることを薦めます。いろいろな性質を大きく変えると、さまざまな矛盾が明確になり、そこで真価を発揮するのがTRIZの矛盾解決の方法です。矛盾解決の方法に関する沢山の図による分かりやすい説明は、Larry Ballの本書の最大の特長です。

複線的な従来のTRIZを再編し、西側の考えを入れて、統一した「現代化TRIZ」の入門書です。

ソフトカバー、B5版、カラー 56頁、定価 1,200円+税

本書は、DLmarketサイトで、製本版だけで販売します(書店には出していません)。

発注法は次のようです:

製本版だけ欲しい => 製本版のページで、「ダウンロード(ダミー)+製本版」を発注。定価 1200円+税。

ネットワークで発注すると、オンデマンドで印刷製本され、約10日間で購入者に直接届けられます。送料無料。

どうぞ、ご愛読、ご活用ください。

クリックで拡大

クレプス研究所

   表紙

   チラシ(出版案内)  本書のチラシ(PDF)     本シリーズ全体のチラシ(PDF) 


  はじめに (中川 徹、2014年7月18日)

TRIZ (トリーズ)というのは、技術革新のための知識ベースと技法の体系であり、旧ソ連の民間でGenrich Altshullerが1946年の着想以来、多数の弟子たちとともに開発したものです。彼らは、極めて多数の特許を分析して、発明するのに役立ついくつもの有用な知識ベースを創り、多様な技法を創り、また技術思想を作り上げてきました。1990年頃から西側世界に伝わり、現在では、米国・欧州・日本・韓国・その他アジア諸国で、製造業の企業を中心に使われてきています。

日本では1990年台後半に導入されました。TRIZはすでに、多くの新しい概念を含む膨大な体系を持っていましたが、米国経由で入ってくる (ロシア起源の) 情報は限られていました。そのため当時は、便利な新しい知識ベースのソフトウエアツールという面が注目されすぎ、TRIZの考え方(思想、思考法、技法)が十分紹介・理解されず、消化不良になりました。TRIZの考え方を日本のTRIZリーダが理解し、企業での適用が地道に進み、自分たち自身での消化したTRIZになるのにこの十数年を要してきたといえます。TRIZが産業界や大学・学界に普及して、正当に認められるには、今後さらに10年、20年とかかるでしょう。

本書は、著者Larry Ball氏 (米国、Honeywell社所属) が独自の観点から分かりやすく整理しなおした、現代化TRIZの素晴らしい教科書です。同氏は1992年にTRIZに接して以来、さまざまなTRIZリーダたちの考えを吸収して、それらを独自に整理し直した新しい体系として、このTRIZの教科書を書いています。

本書で記述しているのは、新しい製品・商品を開発するためにTRIZの考え方を活用した一貫プロセスです。市場(ユーザ)のニーズをどのように調査するのか、どんな働きをするものを作るのか、どのような仕組みと構成にするのがよいのか、何が困難点か、その困難の中心にある矛盾は何か、その矛盾を解決するのにどのようにTRIZが使えるのか、そして、得られたアイデアを実現していくのにどうすればよいのか、を丁寧に述べています。旧来の(ロシアの、古典的な)TRIZの体系を、まったく解体して、構成しなおして、説明しています。

本書のもとは、先日刊行しました本シリーズ第3巻、Larry Ball 著 『階層化TRIZアルゴリズム』で、B5版208頁のものです。著者は、それを「初心者から上級者まで」の教材として作っているのですが、実はその内部で、初心者むけの「簡易版」と上級者まで使える「詳細版」とに分けて記述しています。そこで、著者の意図に従って、各章の導入部と「簡易版」の部分だけを取り出して、『入門編』にまとめたのが本書です。

本書からさらに深く学ぼうと思われましたら、本シリーズ第3巻をお読みください。それは三部構成です。

(A) 日本語版のための著者序文(Larry Ball、2014年6月)
(B) 序論:日本TRIZシンポジウムにおける著者の基調講演 (Larry Ball、2007年8月)
(C) 本論:『階層化TRIZアルゴリズム』(Larry Ball著、2005年; 高原・中川訳、2006-2007年)

本書はご覧のように、イラストをふんだんに使った分かりやすいテキストです。そのイラストを活かすために全ページをカラー印刷しました。インターネット上の DLmarketサイトで販売いたします。販売者ページ:https://www.dlmarket.jp/manufacture/index.php?consignors_id=10832 

技術者の人たち、大学などの先生たちと学生さんたち、一般社会人の人たちに広く読んでいただけることを願っています。新しいものを創るために、困難を克服するために、どのように考えていけばよいのか、この「新しく、現代化されたTRIZの入門書」が導いてくれるでしょう。

2014年 7月18日   千葉・柏にて  中川 徹

 

 日本語版への著者序文 (Larry Ball、2014年6月15日)  ==> 独立ページ

 


  目次   『TRIZ 実践と効用 (3S) 階層化TRIZアルゴリズム (入門編) - 初心者のための図で学ぶ教材−』 

はじめに  -------------                  ---------  中川  徹  ---------   i

日本語版への著者序文 ----------------------  Larry Ball  --------    ii

本書の系図、 本書の目的、 決定の階層構造、 解決策の分岐、 
本書のシリーズを最大限に活用する方法、 簡単さへの目標

目次          --------------------------------------------------  ix

『階層化TRIZアルゴリズム』 (簡易版)--- Larry Ball  (高原利生・中川 徹訳)---    1

はじめに  ---------------------------------------------------------    3

はじめに、 フォーマットの目標、 決定プロセスの階層化、 TRIZの諸ツールの順序づけ、
解決策の分岐、 本書が生まれるまで

A. 市場を発見する  ------------------------------------------------    6

はじめに、 持続している市場、 認識されていない市場、
簡易版: 市場とは何か、

B. システム機能を明確にする  ---------------------------------------    9

はじめに、 機能に関する用語、 機能を正しく書くためのテスト、 
簡易版: 主たる機能は何か? 仕様を創り出せ、

C. 物理現象を特定する  --------------------------------------------   13

はじめに、 簡易版: 理想的効果?

D. システムオブジェクトを特定する  -----------------------------------   15

はじめに、 簡易版: 理想のオブジェクト?

E. システムを単純化する(究極の理想解)  ------------------------------   17

はじめに、  究極の理想解(IFR)、 簡易版:

F. 主な問題は何か?  -----------------------------------------------   19

はじめに、  簡易版: 主たる問題を決定せよ

G. 何が問題を引き起こすか?  ----------------------------------------   21

はじめに、 簡易版:

H. 問題解決のためにノブを回せ  --------------------------------------  24

はじめに、 ノブの5つのタイプ、 
簡易版: 問題を決定するためにノブを回せ(矛盾を生成せよ)、
解決策(極端にまでノブを回す)、

I. 得られた矛盾を解決する  ------------------------------------------  28

はじめに、 矛盾のタイプ、 「物理的矛盾」と「矛盾表」の重視、
簡易版: 時間で分離する(どんな条件でその特性が存在する必要があるか?いつ…?)、
徐々に分離 (矛盾する特性が時間に沿って作られているか?)、 
空間で分離 (どこでそれらの特性が存在しなければならないか(同じ時刻に)? 
スケールによる分離(要素を分割あるいは複数化できるか?)、 
方向による分離(異なった方向に相反する特性値が存在するか?)、 
観点による分離(異なった見方で見ればどうなるか?)、 
「場」の特性による分離、 物質と「場」の間での分離、

J. 解決策を実現する  ---------------------------------------------    37

はじめに、 簡易版: 

K. 付録. 機能を理想化する  ----------------------------------------    40

はじめに、 最も理想的か?(IFR)、 

L. 付録. ノブの一覧表  ---------------------------------------------   41

はじめに、 

M. 付録. システムの進化  -------------------------------------------   41

N. 付録. その他  --------------------------------------------------   42

カルチャ変化として必須のこと、 

 

著者紹介、訳者紹介  ------------------------------------------   43  

 


  『TRIZ 実践と効用 (3) 階層化TRIZアルゴリズム - 初心者から上級者までの図で学ぶ教材−』 出版案内   (2014. 6.30)

  Larry Ball 『階層化TRIZアルゴリズム』 和訳連載(高原利生・中川 徹訳) (2006-2007年)

 

本ページの先頭

出版概要

販売形態と定価

紹介 はじめに(中川) 著者序文 本書の目次
『TRIZ 実践と効用』シリーズ出版案内

本書のチラシPDF

  (3) Ball 『階層化TRIZアルゴリズム』     英文ページ

 

総合目次  新着情報 TRIZ紹介 参 考文献・関連文献 リンク集 ニュー ス・活動 ソ フトツール 論 文・技術報告集 教材・講義ノート フォー ラム Generla Index 
ホームページ 新着情報 TRIZ紹介 参考文献・関連文献 リンク集 ニュース・活動 ソフトツール 論文・技術報告集 教材・講義ノート フォーラム Home Page

最終更新日 : 2015.11.11    連絡先: 中川 徹  nakagawa@ogu.ac.jp